« smc PENTAX-FA31mmF1.8AL Limited ウエポン化 | トップページ | PENTAX-08 WIDE ZOOM »

December 07, 2013

残秋の彩り

 奥東北で生まれ育った人間には、東京の季節の移り変わりは長年暮らしていてもちょっと分かり難いものです。暦では師走に入ったと言うのに、都内ではまだあちらこちらで紅葉を楽しむ事が出来ます。今はいったい秋なのか冬なのか(笑)。

 そんな微妙な季節の中、先日入手したFA31mmの試し撮りも兼ねて、残りわずかとなった紅葉を求めて出かけてみました。自宅から電車を乗り継ぐ事20分程の近場、東急大井町線九品仏(くほんぶつ)駅前にある、浄真寺というお寺です。9体の阿弥陀如来像が安置されている事から「九品仏(くほんぶつ)」とも呼ばれている名刹だそうです。

浄真寺境内
Camera: PENTAX K-3, Lens: smc PENTAX FA31mmF1.8AL Limited
(画像をクリックすると「フォト蔵」のサイトへジャンプします。)

浄真寺境内
Camera: PENTAX K-3, Lens: smc PENTAX FA31mmF1.8AL Limited
(画像をクリックすると「フォト蔵」のサイトへジャンプします。)

浄真寺境内
Camera: PENTAX K-3, Lens: smc PENTAX FA31mmF1.8AL Limited
(画像をクリックすると「フォト蔵」のサイトへジャンプします。)

浄真寺境内
Camera: PENTAX K-3, Lens: smc PENTAX FA31mmF1.8AL Limited
(画像をクリックすると「フォト蔵」のサイトへジャンプします。)

浄真寺境内
Camera: PENTAX K-3, Lens: smc PENTAX FA31mmF1.8AL Limited
(画像をクリックすると「フォト蔵」のサイトへジャンプします。)

等々力渓谷の茶屋
Camera: PENTAX K-3, Lens: smc PENTAX FA31mmF1.8AL Limited
(画像をクリックすると「フォト蔵」のサイトへジャンプします。)

 これは、先日も訪れた等々力渓谷の茶屋の野点傘(のだてがさ)です。

 FA31mmで撮った写真を観ての感想ですが、第一印象として感じたのは「抜けの良さ」です。とにかくクリアーな絵。それから高い解像感。銀塩時代に設計された光学系であるのに、最新デジタル一眼レフの高解像度に耐える解像度を持っているようです。
 今回の写真は全てJPEG撮って出しそのままで、全くいじってません(50%縮小のみ)。露出以外の設定は全て共通で、以下の通りです。


WB: 太陽光
カスタムイメージ: 鮮やか(ファインシャープネス: +2)
デジタルフィルター: OFF
ハイライト補正/シャドー補正: AUTO/弱
記録サイズ/画質: L(6016x4000)/★★★
ディストーション補正/倍率色収差補正/周辺光量補正: OFF/OFF/OFF
ローパスセレクター: OFF

浄真寺境内
Camera: PENTAX K-3, Lens: smc PENTAX FA31mmF1.8AL Limited
(画像をクリックすると「フォト蔵」のサイトへジャンプします。)

 最後の1枚は、最初の写真と同じ写真ですが、こちらはRAWから「カスタムイメージ: ナチュラル」で現像してみました。こちらのほうが自然な色合いが出ています。コントラストやシャープネスもキツすぎず良い感じです。FA31mmの写真ではナチュラル設定のほうが合うような気がします。

 とにかくF31mmの性能については素晴らしいの一言です。後はこれを使いこなす腕次第って事ですね。

九品仏浄真寺 2013.12.06
posted by (C)てるりん

2013 12 07 01:33 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39761/58708967

この記事へのトラックバック一覧です: 残秋の彩り:

コメント

コメントを書く