« 節電の夏を乗り切るために | トップページ | PENTAX Q came here! »

June 23, 2011

Q誕生!

 ペンタックスから、世界最小最軽量のレンズ交換式コンパクトデジタルカメラ「PENTAX Q」が発表されました

 レンズ交換式デジタルカメラとしては、APS-Cサイズの撮像素子を採用しているソニーの「NEX」シリーズと、マイクロフォーサーズを採用しているオリンパスの「PEN」シリーズが代表格ですが、「PENTAX Q」は1/2.3型というコンデジで採用されている小さな撮像素子を採用する事で、レンズを含めて「NEX」や「PEN」よりもコンパクトなシステムを実現しています。

 小さな撮像素子と言うとどうしても画質に対しての懸念が頭をもたげて来てしまうのですが、PENTAXは、解像性能を重視した光学設計の高性能レンズと一眼レフデジタルカメラのK-5やK-rで培った技術を用いた画像処理エンジンによって「デジタル一眼レフに迫る画質」を実現したと言っています。
 まあ、画質に関しては実写サンプル画像が出てこないとなんとも言えませんので、ここではあまり深くは追求しないことにしましょう。

 操作については、一般的なコンデジと似たようなモードダイヤルやキーに加えて、シャッター速度や絞りを変更出来る電子ダイヤルを本体背面右上に備えています。
本体前面にあるダイヤル(1〜4の番号がプリントされている)が何に使われるのかはイマイチわかりません。ユーザー設定を覚えさせておけるものでしょうかね?は、スマートエフェクトといういくつかの画像効果の中から良く使うものを割り当てておくもののようです。

 にしても、ストロボのポップアップの仕方が非常にユニークですね(笑)。

 ポップアップしない状態でも発光は可能との事ですが、ポップアップすると28mm(35mm判換算)の画角のレンズまでケラれる事が無いそうです。

 さて、レンズ交換式のシステムカメラということで、重要なのはやはりレンズです。だいたいこうゆう新機軸のカメラの場合同時発売されるレンズはせいぜい1〜3本です。しかし、PENTAXは同時に5本のレンズを発表しました

・01 STANDARD PRIME
高性能レンズ シリーズの単焦点レンズです。焦点距離47mm(35mm判換算)。開放F値はF1.9。明るいレンズのため、暗所での撮影やボケを活かした撮影がしやすいレンズです。

・02 STANDARD ZOOM

高性能レンズ シリーズのズームレンズです。焦点距離は27.5-83mm(35mm判換算)。開放絞りはF2.8-4.5。オーソドックスなスペックですが、ズーム全域で色収差を良好に補正されてるとの事。

・03 FISH-EYE

ユニークレンズシリーズの魚眼レンズです。対角160度の画角が得られます。絞りはF5.6固定。

・04 TOY LENS WIDE

ユニークレンズシリーズの広角単焦点レンズです。焦点距離は35mm(35mm判換算)。絞りはF7.1固定。トイカメラのような写真が撮れるという事です。

・05 TOY LENS TELEPHOTO

ユニークレンズシリーズの望遠単焦点レンズです。焦点距離は100mm(35mm判換算)。絞りはF8固定。


 とりあえず、01と02は常用レンズになりそうですのでボディといっしょに購入した方が良いでしょう。両方のレンズがセットになった「PENTAX Qダブルレンズキット」が9万円前後だそうです。
なんにしても、早くサンプル画像が見たいですね。

 他にもアクセサリとして、「01用光学ビューファインダー O-VF1」というものがあります。ホットシューに取り付ける光学ファインダーです。画角は47mmで「01 STANDARD PRIME」用になります。

 どこかで見たようなデザインですね(笑)。でも、「01 STANDARD PRIME」を常用と考えるならこれも欲しいところとです。

 詳細な機能や性能について書き始めるとキリが無いので、この記事ではここまでにしようと思いますが、個人的には夏のボーナスの使い道は決まったも同然です。
 ただ、問題は、白にするか黒にするか、それが問題です。レンズに合わせるなら白だし、光学ビューファインダーを付けるなら黒だし、悩ましいところです。

2011 06 23 09:46 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: Q誕生!:

コメント