« 無題 | トップページ | 名機の魂 »

May 09, 2009

名機の誇りを受け継ぐ者

 かねてから噂のあったペンタックスの新型機の、日本公式ティーザーサイトが公開されました。


20090509_100608


 噂では、新型機の名称は「K-7」になるとかならないとか。ティーザーサイトでは「NEW K」となっていて、スペックを含めた詳細は全く不明。
これまでの様々な情報を総合すると、HOYAペンタックスイメージングシステム事業部の方が今夏までに発売をすると言っていたK20Dと同価格帯のカメラ(K20Dの後継ではなく新しいコンセプトのカメラらしい)であることは間違いないだろう。

 スペックに関しては、期待と妄想が入り交じった噂が流布されていますが、ここでは割愛。興味のある人は、「デジタル一眼マニアック」のペンタックスカテゴリからあたりからリンクを辿ってみるといいでしょう(多くの情報は英語ですが)。

 新型機のキャッチフレーズは、この記事のタイトルにも使わせてもらった、

−名機の誇りを受け継ぐ者−

というもの。
K10D発表時の画質革命以来の強気のキャッチフレーズ。ここからペンタックスの意気込みや覚悟の強さが窺える。

 ペンタックスで“名機”というと、ペンタファンならずともやっぱり「PENTAX LX」を思い浮かべる人が多いのではないだろうか(人によってはZ-1pだという人もいるでしょうがcoldsweats01)。
だとすると、スペック追求よりも趣味性を追求したカメラになるであろうことは想像に難く無い。いくつかのサイトでリークされている製品(の一部)画像やティーザーサイトのシルエットからもその雰囲気が伝わって来る。
サイズも小型化され「*istD」に近いサイズになっていると言われている。
 でもたぶん「LX」を直接的にイメージさせる製品ではなく、アサヒペンタックスからZ/MZシリーズ登場前までのペンタックスの銀塩一眼カメラ達全体のテイストを引き継ぐような製品になるのだろうと思う。

 個人的な予想では、大幅なスペックアップや性能改善を期待してる人にとってはやや不満の残る製品になるだろうと思う。もちろんいくつか改善や新機能はあるだろうけども。
でも、スペック追求ではない小型で趣味性の高いカメラこそペンタックスの真骨頂だと考えている私としては「待ってました!」的なカメラになりそうな予感がして非常に期待している。
5月21日が待ち遠しい。

 しかし、この5月21日って、発表なの、発売なのsign02

2009 05 09 11:08 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39761/44949593

この記事へのトラックバック一覧です: 名機の誇りを受け継ぐ者:

コメント

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/05/08/10785.html
5月21日は発表のようです。イベント終了後に発売という流れなのかな?

投稿者: ぴやの (May 9, 2009 11:48:30 AM)

>ぴやのさん
まあ、そうなんだろうなぁ...。
そうすると、最後の仙台が7月4日なので、早くても発売日はその日かぁ。

投稿者: てるりん (May 9, 2009 12:21:58 PM)

仙台でのイベント前(6月中旬)に発売という噂もちらほら。

投稿者: てるりん (May 12, 2009 2:13:48 AM)

コメントを書く