« 名機の誇りを受け継ぐ者 | トップページ | 記憶の橋 »

May 22, 2009

名機の魂

20090521_pentax_k7ad2

 ついに発表されました!


PENTAX K-7

 ほぼこれまでの噂通りのスペック。だからあんまり驚きは無いと思いきや、むしろその噂通りのスペックで出て来た事が最大の驚き。噂というものは大抵尾鰭や妄想や個人の希望などが入り交じって広まるもので、実際に実物が出て来ると「あの噂はなんだったんだ?」とがっかりする事が多いのが常なのだが、この「K-7」に関してはそれがなかった。
 その理由としては、かなり早い時点から関係者でなければ知り得ないと思われるリーク情報が流布されていたからだと思われる。あまりにも効果的で正確な情報なので、実はPENTAX自身が意図的に流してるのでは?とも考えられるが、宣伝やアピールの下手なPENTAXがそこまで出来るのか、という疑問もある(笑)。

閑話休題。

 詳細なスペックや機能説明はスペシャルサイト製品情報ページをチェックしてもらうとして、個人的になんと言っても嬉しいのが「小型化」だ。
 PENTAX初のデジタル一眼レフカメラ「*ist D」は、当時既に発売されていた同クラス製品に比べて非常にコンパクトなカメラだった。決して高性能というわけでも低価格というわけでもなかったが、そのコンパクトさと一眼レフの命と言っても良いファインダーの視認性がデジタル一眼レフの中級機以下のカメラの中では抜群に良かったため、評判になったカメラだ。
その後のPENTAXの路線は、この「*ist D」の特徴を引き継いだ小型軽量路線が続いた。しかし、性能や機能はほぼマイナーバージョンアップのみに等しく、その間に性能面では他社に大きく引き離され、コンパクトさにおいても必ずしもアドバンテージがある状態ではなくなった。

 旧来からのPENTAXユーザーからも不満の声が出てくるようになってさすがにこのままではマズいと思ったのか、PENTAXはラインナップを一新して、自社初となる手ぶれ補正機能を搭載したカメラ「K100D」を発表。しかし手ぶれ補正以外の基本性能は「*ist D」から大きく変る所はなく、その上、手ぶれ補正機構のためかボディサイズもやや大きくなってしまった。もちろん、新機種が出る度に改良が施されてきたし、「K10D」に至っては、バランスの良い機能・性能と中級機では初の防塵防滴を施したという点が好評を博してその年の「カメラグランプリ」も受賞した。しかし、この「Kシリーズ」は直近機種「K20D」に至るまで、残念ながらPENTAXの特徴であった小型軽量路線からは遠ざかってしまう形なってしまった。

 しかし、ここにきて、この「K-7」の登場!

 スペシャルサイト開発ストーリーを読んでもらうとわかるように、PENTAXにも「K20D(Kシリーズ)は大きすぎた。」という反省があったようで、その反省からこの「K-7」は再度コンパクト化を目指して開発されてきたようだ。正に、


原点回帰

を指向したカメラだ。
 前の記事でも書いたように、PENTAXのカメラで「名機」と言えば、誰しも「LX」を思い浮かべる。もちろんその防塵防滴性能、直線的で精悍さを感じさせるデザインといった点から見て、その事に異論はない。
しかし、私はもうひとつの「名機」の魂が込められていると思っている。それはそう、PENTAX初のデジタル一眼レフカメラ「*ist D」だ。

 回りくどくなってしまったが、男性としては比較的手の小さな私は、どんな新機能や高性能よりもこの小型化を喜んでいる。しかも、何かを妥協した結果の小型化ではない。トレンドの機能、他社機並あるいはそれ以上の性能、PENTAXにしか出来ないであろう機能、そういったものが盛りだくさんに詰め込まれている。
もちろん、全ての機能や性能が他社より優れている訳ではないし、全において独自性があるわけでもないが、この小さなボディに“ギッシリ”いろんなものが詰まっている感じがいい。これぞPENTAXの真骨頂だろう。

 今はまだスペックを見ているだけで実物に接する事は出来ていないが、スペシャルサイトを見ているだけでワクワクしてしまう。早くこのカメラを手に入れて何かを撮ってみたい。そんな“写欲”がわいて来る。どんな性能より機能より、撮る行為そのものを楽しくさせる“何か”がカメラにとって最も重要なものではないだろうか。その“何か”は、たぶんこのカメラを作ってる人達の魂かもしれない。

 とにかく早く触ってみた〜〜い!

2009 05 22 12:48 AM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39761/45087614

この記事へのトラックバック一覧です: 名機の魂:

» K-7 体感&トークライブ−その3 [nabe3 の Look around ! から]
 後面の画像です。20Dが傾いてしまって、比較しにくいですね。すみません。背が低くなっているのがわかります。プリズム周りが絞られていて... 続きを読む

受信 May 25, 2009 10:59:29 PM

コメント

結婚してるんですか?
それはいいとして、勝手にトピック終了とか、
自治厨は、嫌われるよ。
自治厨って言葉、わかんないか。

投稿者: 若武者 (May 29, 2009 9:25:52 AM)

>若武者さん
何の話でしょう?
K-7とは関係なさそうですね。
某SNS上での私の言動についてのご批判ないしはご不満でしょうか?
であれば、こんなところで言わずに、そのSNS上のしかるべきコミュやトピにて公に批判していただき参加者みんなで議論するか、メッセージ等にて直接ご意見・ご質問いただければ議論なり回答なり反論なりといった対応をきちんとさせていただきます。
内容によっては回答を熟考させていただく必要があるかもしれませんので、その場合は回答が遅くなる事もあるかもしれません。ご了承ください。
よろしくお願いします。

投稿者: てるりん (May 29, 2009 7:28:13 PM)

コメントを書く