« 何パーセント? | トップページ | 浅舞 八幡神社祭典・宵宮 »

September 15, 2006

K10D 発表!

有効1020万画素のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ PENTAX K10D(PENTAX News Release)
ペンタックス、ゴミ除去機能搭載の有効1,020万画素デジタル一眼レフ「K10D」(デジカメWatch)

K10d_01l
 ついに出ましたね。かなり前から色々噂が飛び交っていて、それを楽しみながらもやきもきして待ってました。一言で言うなら「やったね、ペンタックス!」でしょうか。
 カタログを賑わす沢ざまな機能・性能はさておき、*ist Dユーザーからすれば『ようやくHyper操作系を継承したカメラが出てくれたかっ!』という感慨があります。

 とは言え、諸手を挙げて万歳と言えない部分も多少あります。詳細スペックはニュースリリース等のほうを見てもらうとして、個人的に良いと思う点と残念だと思う点を挙げてみたいと思います。

【良い点】
・Hyperプログラム/Hyperマニュアル操作系の継承
  *istDユーザーにとっては、操作系が同じというのは嬉しい。
・ペンタプリズムファインダー(視野率95%、倍率0.95倍)
  やっぱり、一眼レフは光学ファインダーが肝。
・バッファサイズが増えた(RAWで9コマ)
  欲を言えば12コマ分欲しかったけど、*istDに比べたら多いに進歩です。
・ISO100が使用可能に
  ピーカンお天気の屋外でも露出オーバーになる事が少なくなる。
・手ぶれ補正の実効段数が増えた
  最大4段分って、なにげに凄い気が。
・オートブラケットの5コマ連続段階露出が可能に
  露出に自信の無いシーンではありがたい。

【残念な点】
・大きい重い
  レンズつけると簡単に1kgオーバー...。
・専用リチウムイオン充電池
  やむを得ないんだろうけど、単三やCR-V3が使えないのは何かと痛い。運用面で不安がある。
・最速シャッター速度が1/4000sec
  ISO100が設定可能になっているので、実用上はあまり問題にならない。
・ISO3200が使えなくなった
  暗い所で被写体ぶれを防ぎたい場合に不利。でも、拡張設定で使えるという話もあるが、真偽はいかに?

 こんなとことでしょうか。一般的にはもっと他に注目すべきポイントはあるのでしょうが、ゴミ取り機能や防塵防滴やレンズ内モーター対応というのには、私はあまり関心がありませんし必要性も感じてないので、特に言うべき事はありません。あえて言うなら、防塵防滴じゃなければ多少は軽く小さく作れたんじゃないのかなぁ、という点だけ。

 そんな感じで多少不満(バッテリーだけはかなり不満だが)もあるものの、すごく魅力的(少なくともスペック表をみる限りにおいては)なカメラになっていると思います。
 この先、噂されている「K1D」やK100DとK10Dの中間的な普及モデルも出てくるのではないかと思いますが、それはそれで考えるとして、K10Dは買いますよ。でも、専用バッテリーでの運用など、不安&不慣れな面もあるので、ケースバイケースで*istDも現役で使い続ける事になるでしょう。

 さしあたって購入しなきゃいけないのは、

・K10Dボディ
・予備のバッテリー&充電器
・交換スクリーン(*istD/DS用が流用できるのかな?)
・4GB SDHCカード
・SDHC対応メモリカードリーダー

といったところかな。計15〜16万円のお買い物か...。クリップオンストロボ(AF540FGZ)も欲しいが、これは別枠で考えよう(苦笑)。

 さて、予約しに行かなくっちゃ!

2006 09 15 12:12 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: K10D 発表!:

» K10D(ペンタックス:デジタル一眼レフカメラ) [ブログで情報収集!Blog-Headline/life から]
「K10D(ペンタックス:デジタル一眼レフカメラ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =200... 続きを読む

受信 Sep 15, 2006, 6:38:23 PM

コメント

確かに重くなったのは残念ですね!でもこの機能で12万というのは安いですね!私は超音波モーター対応というのがうれしいです!

投稿者: デジタル一眼レフペンタックスフォーラム (Sep 15, 2006, 9:03:33 PM)