« *istDs発売日決定! | トップページ | これが噂の... »

October 27, 2004

iPod Photo発表!

iPod Photo(アップルコンピューター)

 出ました。噂にはなっていましたが、個人的にはまったく意外。出るにしてももっと先の話だと思っていました。しかし、実のところ、カラー液晶の採用や本体で画像が表示出来る事はあまり重要なポイントではないと思います。それよりも、余分なアクセサリを買い足す必要なくテレビやプロジェクタに表示させられるという事が、「写真を見て楽しむ」という事に関しては大きなポイントだと思います。
 画像のシンクロをiTunesで行うというのはやや意表を突かれた感じですが、iPhotoだとWindows版が無いですし、1つのデバイスのシンクロに複数のソフトを使うなんてのは煩雑すぎます。そうゆう点で写真のシンクロもiTunesでやってしまおうという発想はいいと思います。個人的には、iTunesとiPhotoとの連携性を強めてWindowsでは出来ないようなMac独自の機能も付加されてたりしたら嬉しかったのですけど(笑)。

 さて、カラー化され画像も表示できるようにはなりましたが、デジカメを常用している多くのiPodファンが期待していたであろう「ポータブルフォトストレージ」といった機能は(本体のみでは)ついていません。フォトストレージとして使うには、従来モデル同様に別売りのアクセサリを買ってくださいという訳です。また、そのアクセサリで取り込んだ画像が閲覧対象となるのかどうかも不明です。
ということで、がっかりした人も多いかもしれませんが、個人的には「見て楽しむ」という機能に絞り込んだのは正解だろうと思います。「見て楽しむ」という機能の付加は、従来の「音楽を楽しむ」というiPod本来のコンセプトにも一致し、非常にシンプルでわかりやすいコンセプトです。片っ端からあれもこれもと詰め込んで結局何だかよくわからなくなっているような他社の製品とは一線を画しています。
 まあ、穿った見方をすれば、大幅な変更を加えずに手っ取り早く出来る事をやってみました的な感もなきにしもあらずですが(苦笑)。

 表示関係以外の細かいスペックを見て行くと、概ね従来モデルと同等。音楽の最大再生時間は15時間と伸びており、性能は向上しているようです。が、逆に気になる点もあります。スキッププロテクションの時間が25分から15分に短縮されています。内蔵バッファの一部を画像表示機能に割り当てたりしているか、あるいは表示関係の部品を乗せるためにバッファ用のメモリチップを小型小容量の物に変更したのではないかと推測されます。実用上あまり支障は無さそうですが...。

 で、「欲しいか?」と聞かれると、どうにもそそりません(苦笑)。全体的によくまとまってるような印象はあるので、少々高いですが、これから初めてiPod買おうとしてる人にはお勧めできると思うんです。でも、個人的には...。
 どうもモノとしての魅力を感じないのです。現行モデルである第4世代目のiPodは非常に魅力的なんですが、基本的な部分では同じであるはずのiPod Photoには、第4世代目iPod以上の魅力は感じません。
 その差がなんなのか上手く説明出来ませんが、iPod Photoはあまり「Appleらしくない」製品ような気がしてなりません。「Appleならばこうやってみせる!」的な迫力というか作り手のこだわりや意気込みというようなものが、iPod Photoからは感じられないとでも言えばいいのでしょうか。気のせいだろうと言われればそれまでですけど(^^;

 個人的には、Bluetooth搭載モデルが早くでないものかなぁと思っています。無線LANというのもありだとは思うんですが、デバイスとしての性質を考えればBluetoothのほうが無難な気がします。iPod同士で、iTunes同士でやっているような共有と同じ事が出来れば、音楽の楽しみ方も広がるんじゃないかと思うんです。無線LANを使うなら、無線シンクロやAirTunes対応クレイドルなどが考えられるでしょうか。

 写真表示の機能もあってもいいとは思うんですが、やはりPodには音楽の楽しみ方を広げる方向への進化を期待しています。

2004 10 27 12:05 PM | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: iPod Photo発表!:

コメント